消費者金融の利用で注意するべきこと

消費者金融の利用で注意するべきこと

一昔前までは消費者金融は一般的にサラ金と呼ばれていました。
サラ金はサラリーマン金融の略であり、利用者のほとんどがサラリーマンであったことからこう呼ばれていました。

 

しかし、昔と比べて現在では非常に気軽に利用しやすいものとなったため、主婦の方やアルバイト、パートなどサラリーマン以外の人にも広く利用されています。

 

しかし、「消費者金融」という名前で気軽に利用できるとは言え、結局は「借金」ということになります。
あまりに気軽に利用しているとトラブルに巻き込まれてしまう可能性というのもあります。

 

消費者金融を利用するなら注意しなくてはいけないことについて見てみましょう。

 

消費者金融でしてはいけない事とは?

返済の遅延

消費者金融では基本的に毎月決められた日までに返済をしなくてはいけません。

 

決められた日までに返済をしていればなんの問題もありませんが、返済が滞ると遅延ということになり、その情報が信用情報として残ることになります。

 

信用情報というのは消費者金融を利用する際だけに関わるものではありません。

 

信用情報はローン会社や保険会社も利用するため、住宅ローンやカーローンなどといったローンを契約する際にも審査の審査にも関わってきます。

 

つまり、返済遅延があると今後ローンの利用が難しくなる可能性があるのです。
一度起こしてしまった遅延の情報はその後5年間信用情報として残ることになります。

 

ですから毎月期日までにしっかり返済をすることが何よりも重要になります。
もしどうしても期日までに返済ができないということであれば、そのままにせず、先に消費者金融に連絡をしましょう。

 

ヤミ金融

一般的な消費者金融とは違って、申請をせずに違法な営業をしているヤミ金融も多数存在しています。

 

ヤミ金融は貸金業法で定められている金利の上限を無視した高金利を請求したり、違法な取り立てを行なっています。
審査もせずに融資をしてくれるなど甘い文句で誘ってきますが、引っかからないように注意しましょう。

 

書類に簡単にサインしない

消費者金融と融資の契約をする際には、当然契約書にサインをすることになります。
契約書にサインをするということは、契約書に書かれていることは全て認めたということになります。

 

こういった契約書は読まずにすぐサインしてしまう人も多いですが、お金に関する契約ですから、細部まできっちり読んで確認しておく必要があります。

 

読まずに後から知ってトラブルになるということも少なくありません。
一般的な消費者金融でも当然ですが、特にヤミ金融の場合には融資とは関係ない契約をさせられることもありますから注意が必要です。

 

契約書へのサインや捺印をする際には、小さな文字までしっかりと読んで納得した上でするように心がけましょう。

 

安易に連帯保証人にならない

友人や知人、あるいは親戚等に連帯保証人を頼まれることもあるかと思います。
いくら親しい仲だったとしても安易に連帯保証人を引き受けるべきではありません。

 

連帯保証人というのはその人が返済できなくなった場合に代わりに自分が返済をするという意味です。
ですから、もしその友人・知人が借金を放っていなくなってしまったりしたら、その借金をそのまま自分が背負うことになるわけです。

 

頼まれると断りづらいということはあるかと思いますが、よく考える必要があるでしょう。

消費者金融会社一覧!人気ランキング