消費者金融の審査申し込み時に必要なもの

消費者金融の審査申し込み時に必要なもの

消費者金融への申し込みはインターネットから簡単に手続きが可能となっていますが、実際に契約をするということになれば必要なものもあります。

 

必要な物というと本人確認書類と印鑑の2つということになりますね。

 

消費者金融に提出する書類としては契約書もありますが、契約書は審査後に郵送で送られてくる物を返送するだけですので、用意することはありませんね。

 

本人確認書類については一般的な運転免許証、健康保険証、パスポートといったもののいずれかのコピーを用意しておけば問題ないでしょう。

 

免許もパスポートもないという方でも住民票や社員証といったものも本人確認書類と見なされますので、すぐに用意できるものを選ぶのが良いですね。

 

印鑑についてはシャチハタは厳禁ですが、そうでなければ三文判なんかで問題ありません。

 

これらを用意しておけば、送付された契約書に必要事項を記入・捺印、必要書類を同封して返送すれば完了です。

 

しかし、現在の法律では50万円以上の融資を受ける場合には収入を証明するための書類も提出しなくてはいけません。

 

給与所得者の方であれば源泉徴収票や給与明細書、自営業の方でそういった物が無い方は確定申告書をコピーして同封しましょう。

 

本人確認書類や収入証明の書類についてはFAXや携帯(スマートフォン)アプリで送信することでその場で契約ができ、スピーディーに融資を受けることができます。

消費者金融会社一覧!人気ランキング