消費者金融の自動審査と本審査の違い

消費者金融の自動審査と本審査の違いについて

消費者金融の審査は今ではスピーディな審査が普通ですが、昔は審査には時間がかかるもので、申し込みをしてから融資までは数日かかるのが当たり前でした。

 

今はインターネットという便利なものが普及していることもあり、非常にスピーディな審査が行われています。
いまだに審査に数日かかるような消費者金融というのは敬遠されてしまいます。

 

審査の内容や時間は消費者金融によって異なりますが、最近は即日融資が当たり前になってきており、30分程度で審査が完了するところも多くなっています。

 

これほどまでにスピーディな審査ができるようになったのには消費者金融が『自動審査』と『本審査』の二段階で審査を行なっているというのが大きな理由です。

 

どちらも融資の可否を判断するための審査であることには違いはありませんが、審査の内容はかなり違いがあるのです。

 

まず先に行われるのが『自動審査』になるわけですが、これはインターネットで利用者がフォームに入力した情報をプログラムが自動的に判断して審査を行うというものです。

 

収入や勤続年数など数字で判断できる部分に関しては、消費者金融各社の一定の基準に基づいて機械的に処理をして判断しています。

 

コンピュータが数字を比較するだけですからほんの数秒でこの自動審査は完了します。
自動審査で融資が可能と判断された場合のみ本審査が行われることとなります。

 

本審査については機械では判断できない部分を実際に人が見て審査することになります。
申込内容に虚偽の申告や記入ミスなどがないか、そして信用情報機関に照会した情報に問題はないかなどが確認されます。

 

情報の照会が終われば、記入した会社に本当に勤めているかの在籍確認、住所にちゃんと住んでいるかの在宅確認が電話で行われます。

 

機械による自動審査を通過したとしても、その後の本審査に通らなければ融資を受けることはできません。

 

つまり、自動審査というのはあくまで仮審査であり、融資の可否を決めるのは本審査次第だということになります。

 

もし収入などの数字について虚偽の申告をした場合、自動審査は機械的に処理されるので通ることもできますが、本審査ではウソであることがバレてしまいます。

 

虚偽の申告をするような人を消費者金融が信用してくれるわけはありませんので、ついうっかりでも間違った情報を入力することは許されません。

 

確実に融資を受けたいならウソは書かないこと、間違いがないか確認することが大切です。

消費者金融会社一覧!人気ランキング