消費者金融の総量規制について

消費者金融の総量規制について

2010年に貸金業法が改正され、消費者金融からの借入についても大きく変化がありました。

 

この時施行された改正貸金業法ではグレーゾーン金利の廃止というのが大きな注目を集めましたが、これから利用する人、すでに利用しているにとっても重要なのが総量規制です。

 

総量規制によって借入できる金額には制限が課せられることになったため、それまで以上に借入が難しくなったと言えるでしょう。
それでは総量規制が導入されたことによってどのように変わったのかを見てみましょう。

 

総量規制による影響

借入総額について

総量規制によって定められたのは消費者金融から借り入れすることができる金額の合計は年収の3分の1までとなりました。

 

つまり年収300万円なら借入できる上限金額は100万円、年収600万円なら200万円になったということですね。

 

追加借入に関する規制

総量規制によって借入総額が年収の3分の1に規制されましたが、規制までにその金額以上を借入していた人はどうなるのか。
これについてはすでに借入していた方に関して、オーバーする分を返済しなくてはいけないなんていうことはありません。

 

ですが、すでに総量規制の枠は超えているため、そこに追加して借入をすることは当然できません。
さらなる借入をするためには現在の借入を返済して、現在の借入総額を年収の3分の1以下にする必要があります。

 

無収入の方の場合

年収の3分の1ということは、そもそも収入がない人の場合は借入ができないということになります。

 

主婦の方の場合はその配偶者の方の同意書や婚姻関係を証明する書類の提出が義務付けられています。

 

銀行系は規制関係なし

総量規制が導入されたことによって借入できる金額や条件は大きく変化し、利用がしづらくなりました。

 

しかし、この総量規制というのは改正貸金業法によるもの、つまり貸金業法によって営業している消費者金融や信販会社、クレジット会社などが対象となっています。

 

一方で銀行系のカードローンというのは銀行法によって運営されていますので、貸金業法とは無関係です。

 

ということは銀行系のカードローンであれば総量規制も関係ありませんので、年収の3分の1以上の借入も可能ですし、消費者金融で上限に達している人でも追加で借入が可能です。

 

銀行系のカードローンは消費者金融よりも金利が低く設定されていますし、年収の制限がないケースも多くなっているのでお得だとも言えるでしょう。

消費者金融会社一覧!人気ランキング