消費者金融の審査に落ちる理由

消費者金融の審査に落ちる理由について

消費者金融を利用して借入をするためには、契約の前に審査に通らなくてはいけません。
審査についてはそれぞれの会社によって基準が異なりますが、基本的には年収や借入状況といった部分が重視されると言われています。

 

消費者金融によって融資の能力も違うため、一般的には大きな消費者金融の方が資金も豊富で審査には通りやすいと言えます。
しかし大手であっても業者が定める基準をクリアできなければ審査に落ちてしまうことはあり得ます。

 

審査結果については合否だけが伝えられるため、審査基準は一切わからず、落ちた場合でもその理由は想像するしかありません。
審査に落ちてしまう理由はどんなものがあるのでしょうか?

 

借入件数が多い

多くの方がこの理由によって消費者金融の審査に落ちていると言われます。
審査では消費者金融は信用情報機関に情報を問い合せ、借入状況を確認します。

 

現在の借入件数が多い方の場合は返済能力が低いと見なされてしまうため、業者の定める件数を超えて借入をしていると審査では落とされてしまいます。

 

借入金額がそれほど高くない場合でも、件数の方が重視される傾向があるため、審査に落ちてしまうという方は複数の借入を一つにまとめてから申し込みした方が良いでしょう。

 

申し込みブラック

消費者金融への申し込みを短期間で3社以上行うことを申し込みブラックと呼んでいます。
複数の業者に短期間で借入の申し込みをするということは相当お金に困っている、つまり多重債務者の危険性があるということで審査ではかなり不利になります。

 

1か月で3社以上の申し込みをするとこの申し込みブラックになると言われているので、短期間で集中して申し込みをするのは避け、1か月以上は期間を空けるようにするのが無難です。

 

ブラック

ブラックとは過去の借入で問題を起こした履歴がある方の事を言います。
過去のトラブルについては信用情報機関の情報によって全て筒抜けになっています。
過去に遅延など返済に問題があった場合は当然ながら返済能力を問題視され不利になります。

 

勤続年数が短い場合

勤続年数が短いということは安定した収入を得られる可能性が低いと判断されます。
最近はすぐに会社を辞めてしまう人も多いため、勤続年数はかなり重要視されます。
入勤続年数が三ヶ月以内だと審査に落ちてしまう可能性が非常に高くなります。

 

在宅確認が不可能

審査が通った後には、申し込みフォームに記入した住所や電話番号が虚偽の申告でないか確かめるため在宅確認が行われます。

 

基本的に電話がかかってきて確認されることになりますが、この在宅確認の電話に出ることができないと審査に通りません。

 

逆に言えば在宅確認をすることができる固定電話を持っている人なら、信頼性も高くなり審査では有利に働きます。

消費者金融会社一覧!人気ランキング