ヤミ金業者

ヤミ金業者には要注意

世の中には大手だけでなく中小含めて非常にたくさんの消費者金融が存在しています。
その中でも利用の際に特に気をつけたいのがヤミ金融ですね。

 

通常の消費者金融の場合は貸金業ということになりますので、各都道府県知事に申請をして認められる必要があります。

 

しかしこの申請をせずにこっそりと営業をしているのがヤミ金融です。
そもそも法律を破って貸金業をしているということもあって、貸金業法で定められている融資のルールを破って営業を行なっています。

 

例えば貸金業法では金利の上限が定められていますが、ヤミ金融ではこの上限を超える高い金利で融資を行なっています。

 

中にはいわゆる「トイチ」という、10日で1割の金利だったり、さらにひどい金利だったりを請求する業者というのも存在しています。
支払いが期日までにできないと、これもやはり法律を無視した悪質な取り立てが行われます。

 

ヤミ金融のターゲットになる人とは

そんな法外な金利やきつい取り立てで誰が利用するんだ?と疑問に思うかもしれません。
しかしヤミ金がターゲットとしているのは一般的な正規の消費者金融の審査に落ちてしまい利用できない人達です。

 

いわゆるブラックの人や多重債務者、自己破産をした人などは一般的な消費者金融を利用することは非常に難しいと言えます。

 

しかしそれでもなんとかしてお金が必要という方は多いでしょう。
ヤミ金は一般的な消費者金融のように審査を行うことは少なく、ブラックでも多重債務者でも簡単に融資をしてくれます。

 

お金に困ってもうどうしようもないという人がついついヤミ金に借りてしまうわけですが、結局法外な金利を請求されてしまい、さらに苦しむことになってしまうというわけです。

 

ヤミ金融に引っかからないためには

ヤミ金融も自ら悪質だなんていうアピールはしないので、甘い言葉で誘ってきます。
ヤミ金融に引っかかってしまわないためには、ヤミ金融が使う常套句、甘い宣伝文句を予め知っておくことです。

 

ヤミ金融の注意点は次の4つです。

 

甘い宣伝文句

「審査なしで即融資可能」「他店でダメでもうちなら融資できます」「金利◯◯%で●●万円融資」などといった魅力的なフレーズはヤミ金融の常套句です。

 

特に他の消費者金融の審査に落ちた方をターゲットにしている宣伝文句はヤミ金融の可能性大です。
実際に宣伝文句の通りに利用できることはなく、法外な金利を請求されることとなります。

 

携帯電話の番号のみ

街中で電柱や電話ボックスなどに消費者金融の広告が貼られていることがあります。

 

それだけでもすでに怪しいですが、だいたいそういうところは連絡先が携帯電話の番号になっています。

 

携帯電話の番号しかないということは事務所もなにもないということになります。

 

そして消費者金融を営業する場合、広告には固定電話の番号を表記することが義務付けられていますので、それがないということは違法なヤミ金融だということになります。

 

電話による勧誘

いきなり電話がかかってきて融資の勧誘をしてくるケースというのがあります。
ヤミ金融は裏ルートから他の業者で審査に落ちた人の情報を得て、電話で勧誘を行なってきます。

 

通常の消費者金融が申し込みもしていないのに電話をかけてくるなんていうことはあり得ませんので、これもヤミ金融の特徴となります。

 

メールでの勧誘

これは迷惑メールの一種だとも考えられますが、上記の電話と同様に個人情報を入手してEメールで勧誘をかけてきます。

 

あたかもこちらから申し込みをしたかのような件名でメールがくるので注意が必要です。
うっかりアクセスしてしまったり、個人情報を入力すると勝手に契約させられているというケースもあります。

 

そういったメールは安易に開いたりせず、迷惑メールとして処理しましょう。

消費者金融会社一覧!人気ランキング