消費者金融の在籍確認の電話

消費者金融の在籍確認の電話について

消費者金融では申込時に入力された情報が本当かどうかを確認するため在籍確認というものを行なっています。
在籍確認というのは申し込みの際に入力した勤務先に本当に勤めているのかどうかを確認するというものです。

 

審査において勤務先の情報というのは返済の安定性に関わる重要な情報になります。
そのため実際には勤めていないような大手の企業を記入して審査に通ろうとする可能性もあるわけです。

 

そういった虚偽の記載での申し込みを防ぐために消費者金融では入力された勤務先に電話で確認を行っているのです。

 

審査の内容というのは消費者金融によって異なるため絶対とは言えませんが、ほとんどの消費者金融で勤務先への在籍確認が行われています。

 

当然この在籍確認で勤めていることが確認できなかった場合、虚偽の申告ということで審査に落ちてしまいます。

 

では実際にどのようにして在籍確認は行われるのでしょうか。
昔は消費者金融の担当者が実際にその勤務先まで来て在籍確認を行うということもありました。

 

しかし、最近ではスピーディーな審査という点と、プライバシーの問題もあって基本的に電話によって在籍確認が行われています。

 

電話での在籍確認ということになると会社の同僚に消費者金融の利用がバレてしまうと心配な方も多いかと思いますが、消費者金融からすれば本人がその会社に勤めていることさえわかれば良いのです。

 

ですから、消費者金融であると名乗って電話をしてくることはなく、個人の名前で電話をかけてきます。

 

具体例を上げてみると「●●と申しますが、◯◯(利用者)様いらっしゃいますか?」といった感じで電話がきます。

 

これなら消費者金融からの電話だと気づく人はまずいないでしょうから、同僚にバレてしまうことはまずありません。

 

もし電話がかかってきた時に自分が不在で出れなかったとしても、本人が在籍していることさえ確認されればそれで問題ありません。

消費者金融会社一覧!人気ランキング